オキシトシンとアンチエイジング

コミュ障を改善するということでオキシトシンについていろいろと調べてきましたが、ここでまた新しい情報を入手しました。 なんと、老化に伴う筋機能の低下を防ぐ作用もあるのだそうです!

骨や筋肉の損傷は歳とともに再生能力は低下すると言われています。所謂、"老い"ってやつです。 自分もココ最近、膝がよく痛むよーになりました。。。もう歳かしら。

オキシトシンにより骨格筋の再生機能が回復すること確認した、とネイチャー誌でとりあげられている。 しかもオキシトシンが筋幹細胞へ直接作用したものだと考えられているんだそうな。

以下、Nature Communicationsより抜粋
==========
オキシトシンというホルモンは、しばしば「愛のホルモン」と呼ばれるが、老化に伴う筋機能の低下を防ぐ作用もあることがマウスの研究で明らかになった。これがヒトでも確認されれば、骨格筋の老化を予防し、あるいは元に戻すための新しい治療法が得られるかもしれない。この研究結果を報告する論文が、今週掲載される。

損傷を受けた骨格筋組織が再生する能力は、年齢とともに低下し、筋組織は徐々に失われていく。少なくともその一因となっているのが、老化した組織中での筋幹細胞の阻害だとされている。

今回、Wendy Cousinたちは、雄のマウスで、オキシトシンの血中濃度が年齢とともに低下することを報告している。オキシトシンは、これまで出産、授乳、社会的行動において役割を担っていることが知られていた。また、Cousinたちは、老齢マウスにオキシトシンを投与したところ、骨格筋の再生能が回復することも明らかにした。こうしたオキシトシンの作用は、筋幹細胞への直接作用を介したものだと考えられている。さらに、Cousinたちは、老化に伴う筋肉の再生能の低下が、オキシトシンを産生できない雄のマウスで急速に進行することも明らかにした。オキシトシンは、既に臨床での使用が承認されているため、この新知見がヒトで確認されれば、今回の研究から示唆される臨床応用が加速する可能性がある。
==========
http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/9310より抜粋

す、すげぇ!! オキシトシンがあれば何でもできる(猪木さん) まだ研究の段階みたいなのですが、とっても期待大ですね。 歳をとっても恋をすると若返っちゃうの!とか聞いたことありませんか?あれもオキシトシンの効果かも知れませんね。 老いも若きも皆恋をしましょう!(節度を守った範囲で!)


オキシトシン(Oxytocin)の詳細はコチラ



チョコレートラブDX(Chocolate Love DX)